梅雨入り


こんにちは!

関東も梅雨入りしたそうですね~
湿気が多いうえに気温も高くてちょっとげんなりしてしまいます…ヽ( ´_`)丿

というわけで(!)
梅雨が明けるまで「雨」や「六月」なんてワードに関連する小説を紹介したいと思います
(梅雨明けまでネタが持てばいいのですが…笑)

晴耕雨読、なんて言葉もありますが雨の日にはのんびり読書をしてみてはいかがでしょうか

今週紹介するのはこちらです。

地下道の雨

「地下道の雨」 著者:宮部みゆき

短編集ですヾ(・∀・)ノ

まずは表題作「地下道の雨」から。

主人公である麻子は、挙式を目前にして同僚の恋人と破断してしまい、会社を辞めてしまう。
ビジネス街の喫茶店で働き始めるのだが、そこに来る、ある一人の女性と知り合いになり…。
しかし、ある出来事をきっかけになんだか彼女の様子がおかしく、雲行きが怪しくなってきて…?

この女性が近付いてきた真の目的とはいったいなんなのか?

予想だにしない方向に転がり始める話に読み進めるのがとまりませんヾ(o´∀`o)ノ

他6篇も軽くあらすじ紹介したいと思います。

「決して見えない」
深夜、帰宅のためにタクシーを待つ会社員の三宅。
方向が同じだというバス停の後ろに並ぶ老人と相乗りをすることになるのだが…
二人は世間話をして、家族の話を幸せそうにする新婚の心優しき青年・三宅を見て老人がぽつりと言葉を漏らす。
「私は運が悪かった」…この言葉の意味とは?老人は一体何者なのか?

深夜のタクシーって、なんだか怖くなります。

「不文律」
「一家四人車ごと海中へ 無理心中の疑い」…こんな見出しの記事から始まる。
近隣住人や奥さん・旦那さんの同僚、子供の友達などの証言、ひとりごと、記事形式で進み、なんとも悲壮な真実が見えてきて…。
この事件の真相とはいったい?

なんとも残酷な…とこぼしてしまいたくなる。じわじわわかり始める真相は鳥肌ものです。

「混線」
現代にはびこる迷惑な電話魔。深夜2時半になると必ず迷惑電話を妹にかけてくる男がいる。
「僕」の役割はこういう男の相手をすること。あんまり愉快な仕事ではないけど仕方ない…。
「僕」は一体なにをするのか?

うーん。電話がちょっと怖くなります。「混線」が聞こえたら耳を澄ませて…。

「勝ち逃げ」
伯母の勝子が亡くなった。佐山浩美は勝子とはあまり接したことがなかったが、生涯独身を貫き通した「強く、自立した女」と言われた勝子伯母について、ある一通の手紙から彼女に関する驚くべき出来事がわかってきて…

身近な人にだって、知らないことはたくさんあるもの。タイトルが秀逸で読後にぐっときます。

「ムクロバラ」
デカ長(主人公の刑事の愛称。家族からもこう呼ばれている)には毎日訪れてくる橋場という男がいる。
彼は昔、ナイフを持って暴れる男・ムクロバラを正当防衛で刺殺してしまった過去を持つ男である。
彼は毎日新聞を持ってデカ長のもとにきてこう叫ぶのだ。「ムクロバラがまたやりましたよ!」…そんなはずはない。ムクロバラはもう死んだのに…
「ムクロバラがやったんだ」、彼が主張し、指す事件に共通点はあるのか?デカ長は調べ始める…

ラストは背筋が粟立ちます。ムクロバラはどこにでもいる。私は一番この短編が好きです…

「さよなら、キリハラさん」
ある日、家中から音が消えた。大杉一家には、「音楽Gメン」と名乗るキリハラさんが突然現れます。
キリハラさん曰く、「音波の総量規制のために音のコントロールをしている」そうなのだが…キリハラさんって一体何者?

この大杉一家のおばあちゃんが出てくるのですが、これがなかなか涙腺に来る。
ラストの不思議でいびつな爽快感が最高です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
どの短編も秀逸です。
集英社文庫の裏にかいてある「ストーリーテリングの才に酔う」、まさにその通りでいろんなジャンルの、抜群に面白い話が読めます。
雨の日のお供にいかがでしょう?


それでは今日はこのへんでヾ(o´∀`o)ノ



スポンサーサイト

日本の名探偵


こんにちは!

昨日6月4日は『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』の映画公開日でした
ちなみに星籠は「せいろ」と読みます

原作はこちら、著者は本格ミステリの巨匠、島田荘司ですo(^▽^)o

星籠の海

装丁がとても綺麗で目を引かれます…

さっそくあらすじの紹介をしたいと思います。

ある日、御手洗潔のもとに一件の依頼がきます。
その内容は「瀬戸内海に浮かぶ興居島の湾に、死体が連続して流れ着く」という奇妙なものでした。

御手洗は、助手であり同居人でもある石岡和己とともに瀬戸内へ向かいます。

しかし、御手洗たちの到着直後に死体遺棄事件が発生!
さらに港町・鞆にあるカルト団体不可思議な乳児誘拐事件が複雑に絡み合って謎が謎を呼ぶ…

壮大な事件が幕を開けます…

一見関連のないような様々な事件がちりばめられていて、どうつながっていくのかどきどきしながら楽しめます

点と点が一本の線になってつながる瞬間は見ものですよ~~

映画では助手である石岡君がいなくて、オリジナルヒロインが登場します。

少し残念な気もしながら、これはこれで楽しみたいですね。
映画も原作もどっちも楽しみましょう~!!

(ちなみに、去年「傘を折る女」がフジテレビの土曜プレミアムで放送されていたのですがご覧になった方はいるでしょうか…

さて。御手洗潔といえば「和製シャーロック・ホームズ」と言われたりなんかする天才的に頭のいいうえに変人極まりない探偵でして、現代の名探偵ではかなり有名です。

シリーズはつい先日発売されたばかりの「屋上の道化たち」でついに50作目を迎えました!(!)

記念すべき衝撃のデビュー作はこちら、「占星術殺人事件」

星占術

ミステリー史に語り継がれる傑作です。

またゆっくり紹介したいと思いますp(*^-^*)q


シリーズが50作もある!というとどこから読んでいいいのかわからない…という方もいると思うのでざっと最初のほう8作だけ紹介させていただきます。
最初は順番を間違えるとネタバレを踏むこともあるので注意です

御手洗シリーズ

「占星術殺人事件」から続けるおすすめの順番がこちら
「斜め屋敷の犯罪」「御手洗潔の挨拶」「御手洗潔のダンス」「異邦の騎士」「暗闇坂の人喰いの木」「水晶のピラミッド」「眩暈」

(刊行順だと異邦の騎士のあとがダンスだったかな…?)

個人的に、「異邦の騎士」は前作を2作以上読んでから読むのがお勧めです。
異邦の騎士以降は異邦の騎士を読んでからにしたほうがいいかも…勘のいい人は真相に気づいちゃうおそれが。

しかし一作目の「占星術殺人事件」は手記が入っているので読みなれてないひとはちょっときついかも

「挨拶」と「ダンス」は短編集で読みやすいのでこの二つのうちどちらかから読んでもいいと思いますp(*^-^*)q


補足ですがドラマ化した「傘を折る女」は「UFO大通り」に収録されている短編です。
今回の映画の「星籠の海」も、「UFO大通り」も、単発で手に取っても大丈夫ですのでぜひに


御手洗シリーズは大仕掛けが多くてダイナミック、それでいて人間の心に触れるような痛みとあたたかさがあります。

この機会に読んでみてはいかがでしょうか…


長くなってしまいました…それでは今日はこのへんで!


プロフィール

yamadasika

Author:yamadasika
山田歯科クリニックのスタッフが毎回様々なテーマでブログを更新しています!

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
7577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
786位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR