FC2ブログ

スポーツマウスガード☆

こんにちは

ついに梅雨入りしたそうですね
風通しをよくしたり、湿気対策をして快適に過ごしたいですね
もうすぐ夏が来る
『夏が来る』といえば大黒磨季さんです
実は私は磨季さんファンで、来週、逗子海岸でのコンサートに行くので楽しみです

そんなことは置いといて、本日のお話です

スポーツにはケガがつきものですね

特に動きの早いスポーツ、コンタクト(接触)の多いスポーツでは、顎(がく・あご)や顔面領域のケガの発生率が高くなっています

歯が折れてしまったり、顎の骨折などの重度のケガをしてしまうと、治療費も決して安くはありません

また、ケガをしてしまった選手にはそのケガによりプレイに躊躇が生まれたり支障が出る場合もあります

治療費や後遺症だけではなく、今後の人生においてスポーツを心から楽しめるように、今のうちにしっかり予防しましょう

アメリカではここ数年の間に、高校および大学のフットボール選手に対してマウスガードの装着が義務付けられるようになり、毎年約20万件もの口腔内や顔面に対する負傷の発生が予防できるようになったそうです

マウスガードの多様な効果
歯の保護
口腔・口唇周辺部の裂傷予防
顎部の骨折の予防
顎関節の保護
脳震盪の予防
さらに装着することによって、安心感の増大という大きな効果があり、アグレッシブなプレイに結びつきます


市販の既製マウスガードもありますが、プレイ中落ちやすいとのことで、先日大学生さんがクリニックにお見えになりました
やはり市販のものはどうしても様々な問題があります

適合が悪く隙間が多いため、外傷予防効果が減少する
すぐに落ちてしまう
常に噛んでいないといけないので顎が疲れる
顎関節症になりやすくなる
しゃべりづらい
呼吸がしづらい

うーん、これではなかなかプレイに集中することは難しいですねぇ

歯科医院で特注するマウスガードは、一人ひとりの選手に合わせて上下の歯型、さらに噛み合せの型を採り、それぞれの口腔内の状態や歯ならび、噛み合わせを考慮して精密に作製します

以下に挙げる活動に参加している方々に対して、正しくフィットしたマウスガードの装着を推奨しています

アクロバット(曲芸・軽業)、野球、バスケットボール、自転車競技、ボクシング、乗馬・馬術競技、極限スポーツ(バンジージャンプなど)、フィールド競技、フィールドホッケー、フットボール、体操競技、ハンドボール、アイスホッケー、ローラースケート、ラクロス、武道・格闘技、ラケットボール、ラグビー、投てき競技(砲丸投げ、円盤投げ、槍投げ、ハンマー投げ)、スケートボード、スキー、スカイダイビング、サッカー、ソフトボール、スカッシュ、サーフィン、バレーボール、水球(ウォーターポロ)、ウェイトリフティング(重量挙げ)、レスリング

当クリニックホームページ左メニューバーの一番下に「スポーツマウスガード」と紹介していますのでよろしければご覧下さい
学生さんに優しい山田歯科クリニックは、学割も行っております
スポンサーサイト



comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

yamadasika

Author:yamadasika
山田歯科クリニックのスタッフが毎回様々なテーマでブログを更新しています!

FC2カウンター

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2085位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
204位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR