FC2ブログ

靖国神社/"就職"に関する本の紹介

お久しぶりです!
スタッフの佐藤です(^-^)/

先日、出かけたついでに靖国神社へ行ってきました

yasukuni.jpg

靖国神社といえば、先月、トイレでの小さい爆破騒動がありましたね

その関係なのか、普段からああなのかはわかりませんが、
付近にガードマンの方を何人も目にしました

参拝するまでの道の両脇には、綺麗な黄葉が

黄葉

平日にも関わらず、そこそこの人数が参拝していました

おみくじを引いてみると・・・

おみくじ

末吉

そんなによくはなさそうなので結んで帰ってきました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて。

話は変わりますが、最近よく「マイナビ」の広告を目にしませんか

いつだったか夕方テレビを見ていたら、
街中から中継で天気予報をやっている番組で、
キャスターの後ろの方に「マイナビ」の大きな街頭広告が見えました。

つまり就職活動の時期なんですね

経団連の右往左往もありましたが、
正直就活生的には関係ないんじゃないでしょうかね(笑)

自分で企業のホームページ見たほうが早くて確実ですし。

というわけで(?)、「就職」「仕事」に関する本を紹介したいと思います
(久しぶりに本の紹介です!)

一冊目はこちら

本1

松永真理さんの『なぜ仕事するの?』(角川文庫)。

うーん、なぜだろう(笑)

この本、第1章~第9章からなる九つの章で構成されているのですが、
それぞれ「なぜ○○するの?」という小見出しが付いており、
「なぜ資格をとるの?」「なぜ転職するの?」など、
興味深い内容が書かれています

仕事に関する何がしかの事実が書かれているというよりは、
筆者の私見が、わかりやすく書かれている本だと思います

内容の受け取り方は人それぞれだと思いますが、
個人的には参考になりました


二冊目はこちら

本2

河合隼雄さんの『働きざかりの心理学』(新潮文庫)。

こちらは、就職という「仕事始め」の話ではなく、
働き盛りの「仕事真っ最中」がテーマです

加えて平成7年に発行された本で、そんなに新しいものではないのですが、
それでも「働く」のイメージをつかむという意味で、
就活生が読むに適した本だと思います

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回ご紹介した二冊とも、ブックオフで安く手に入ります

「1Dayインターン」
「就活サイト」
「OB・OG訪問」

など、いろんな"就活"方法がありますが、

「仕事・就職に関するエッセーや小説を読む」
っていうのはあまり聞きませんね、なぜでしょう



ではまた

スポンサーサイト



comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

yamadasika

Author:yamadasika
山田歯科クリニックのスタッフが毎回様々なテーマでブログを更新しています!

FC2カウンター

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
5168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
580位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR